ブログアフィリエイトで日給8万円
コピーが得意な怠け者さんほど稼げるアフィリエイト

ケルトコブラ デニム

ケルトコブラのデニムジャケットがほしい!

ケルトコブラデニムジャケットをかっこよく着こなしたい!

芸能人などはよく、カッコ良く着こなしていますよね!ワイルドに見せたいときなんかは、デニムジャケットは必需品ですよね!某芸能人がケルトコブラのジャケットを着ていたけどやはりかっこいい!ロック魂って言うのかな、心までケルトコブラっていう感じで、本当に素敵でした。

シャツや、Tシャツ、付属のアクセサリーや靴、全てをハードなテイストにして、どこからみてもケルトコブラ!!と言うのが好きです。

でも、この手の服を着こなすのには、鍛えられたボディーが必要ですよね。ひょろひょろのがりがりじゃまず似合わないし、太ってぶよぶよもまず無理。シャツから覘く胸板は厚くて、筋肉で・・・と言うのが似合う体型なのだと思います。

ちなみに女性でこの手のものをカッコよく着こなしている人を見たことがありますが、どこから見てもロック大好き女と言う感じで、カッコよかったですよ!ウォレットチェーンなんかぶら下げちゃって、ハーレーなんかが似合いそうな感じ!

男も、女もケルトコブラは着る人選ぶ服ですよね。似合うようになりたいものだわ!

ケルトコブラ デニム

ケルトコブラのデニムを探して・・・

ケルトコブラデニムが欲しくて、通販やオークションを色々と探しています。やはり通販でも品薄ですネ。ケルトコブラのショップは閉店してしまい、さらにホームページも閉鎖してしまいました。情報はネットのみ・・・寂しい限りです。

ケルトコブラのデニムは男性から絶大な人気を誇っていましたよね。
ハードでカッコイイ! というイメージがとても強いケルトコブラの
デニムです。ポケットに鋲が打ってあったり、かっこいいデザインが豊富でした。ケルトコブラの定番デニムは今手にいれるのが一番難しい商品ではないでしょうか。

ウォレットチェーンやシルバーのアクセサリーなどはまだ出回っていますし、かなり似通ったものが巷でたくさん、流通しています。でも、デニムに関しては、手放す人がいないんですよねきっと・・・。ケルトコブラのデニムはもともとロックを愛する人にも、ロックテイストのファッションが好きな人にも、デニムに限ってはそういったファッションをしない人にも人気がありましたものね!

カッコイイ芸能人が、かっこよく身にまとっているのを見ると、やっぱり自分も!っていう気になるかもしれません。ショップの閉鎖を受けて、さらにケルトコブラのデニムの人気は上がり、商品価値が高くなり、どんどん高値の取引になっていくのでしょうね。どこかで見つけることができたら即、ゲットですネ!!


ケルトコブラ デニム

ケルトコブラのデニムはかなり品薄状態!

ケルトコブラの服は、流行に流されず、自分のスタイルを持つだけでなく、”服が着る人を選ぶ”と言われているブランドです。自信をもって自分を表現できる人が似合う・・・そんな感じかな。

着たいからといって、誰でもが手を出せるようなブランドではなかったのです。実際に、色々なアイテムの値段も非常に高めに設定されていて、レザーの商品となれば、ジャケット1着で、20万を超えることなど普通でした。それだけの高値を誇りながらも、商品は常に品薄状態だったようです。値段に関係なく、求める人が多かったのでしょうね。

それほどまでに大人気だったケルトコブラですが、残念なことに、2007年4月1日を持って、全てのショップが閉店し、ブランドは解散してしまいました。

そうなると商品にはプレミアがついて、ますます人気が高まってきています。もともと品薄状態なのがほとんど入手困難になってしまいました。商品の魅力や、特に人気高いデニムやウォレットチェーンは特に入手するのが、難しいかもしれませんね。たとえネット上に出てきたとしてもかなり高額なものになっています。

ケルトコブラのデザインはロックテイストに溢れますが、大人のロック。今風に言うと、「チョィ悪オヤジ」的なイメージです。かっこいい大人の魅力を目指す人には、ぜひとも手に入れたいですね!

ケルトコブラ デニム

ケルトコブラのお気に入りデニム

まずは、デニム生地ってどんな生地のことを言うのでしょうか?

デニム(denim)生地とは、縦糸をインディゴによって染色し、横糸を生成りで綾織にした、素材が綿のもののことをいいます。ジーンズに使用されることが多いですが、鞄、スカートエプロンなど多様に使われています。しかしながら、デニム=ジーンズとする誤用も多くあり、「ジーンズを買った」を「デニムを買った」と表現するのは人も中にはいるので、それは誤りです。デニムとはあくまでも生地の名称のことであって、商品、製品のl名前ではありません。

ただし、近年の紡績技術の向上により、さまざまなデニム生地が生まれています。フランス語の「セルジュ・ドゥ・ニーム(serge de Nîmes)」(ニーム産のサージ生地)が語源とされているが、通常サージに綿は使われていません。

さて、ケルトコブラのデニムでお気に入りのものを紹介します。

ケルトコブラのインディゴデニムJ2-Bというのがお気に入り!ケルトコブラのパンツは股上が浅く、細身のシルエットが絶妙でカタチ良くはけていると自画自賛です♪ブーツカットのタイプなのですがストレート以上、セミフレア以下な感じで普通のスニーカーやスリッポン、ブーツまで色々合わせやすいです。バックポケットはレザー挟み込み。このパンツにはケルトコブラのウォレットチェーンが良く合いますよね!

ケルトコブラのJ9ブラックデニム もかっこいいです。ローライズの美しいシルエットのタイトストレート! これはリベットが打ち込んであるお気に入りのJ9と言うタイプ。 今となってはどの商品も品薄でなかなか入手することは難しいんですよね・・・



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。